本文へスキップ

ユウキネットショップへようこそ!当サイトは足の健康に役立つ製品をメインに販売しています。

<営業時間>午前9時〜午後5時/土日祝祭日定休
足と健康のユウキ提供
秋元接骨院院長の足と健康コラム Vol.4

足の捻挫の原因と病名治療と予防法

足の捻挫は外傷の中でも特に発生頻度の高いものとなっています。また、発生頻度が高いだけではなく、一度捻挫を起こすと痛みがなかなか引かない、あるいは繰り返し何度も捻挫を起こすなどの後遺症を起こす症例も多く見られます。足の捻挫の後遺症や何度も繰り返す原因を理解するために、足関節を中心とした足の骨格の構造、足の捻挫で起こる代表的な傷病とその症状、捻挫を繰り返す習慣性捻挫の対策などを解説します。

コラム担当:秋元接骨院院長・柔道整復師・
フットアジャストセラピスト  秋元 英俊
画像提供・参照元:秋元接骨院
※画像や内容の無断転用を禁じます。


足の捻挫の概要

足の内返し捻挫

足の捻挫は、スポーツや日常活動中において、とても起こりやすい外傷です。その中でも、足の捻挫の発生原因として最も多いのが、内返し捻挫です。例えば日常では、歩行中につまづいたり、段差を踏み外したときに足の捻挫を起こすことが多く、スポーツでは方向転換や接触プレー、スライディングなどでこの内返し捻挫を起こします。
比較的頻度の高い捻挫で、案外「軽いけが」と思われて処置が不十分なことも多く、習慣性捻挫(いわゆる捻挫癖)や慢性痛などの後遺症に悩まされることもあります。また捻挫しやすい足の姿勢や歩き方などがあり、捻挫をしやすい方は姿勢や歩行の矯正も必要となります。
ところで、内返し捻挫によって足の損傷状態はどのようになっているのでしょうか。まずは、簡単に足の構造を見てみましょう。

足の骨格略図

上図のように、足にはたくさんの骨が有り、それぞれ互いに関節しています。したがって、足にはたくさんの関節があるといえますが、一般的に足の関節といえば足首の直下にある足関節(そくかんせつ)のことをいいます。
この足関節は、下腿の外側に位置する細長い腓骨(ひこつ)と、内側のやや太い脛骨(けいこつ)、さらにこれらに挟まれるように存在する距骨(きょこつ)により構成されます。この関節を覆うように存在するのは、関節包(かんせつほう)という組織です。関節包はその内面で関節内の栄養供給や老廃物の排除、免疫機構などの役割があり、外面は弾力性のある組織で関節を保護し、関節の代謝活動や可動性・安定性に大きく係わりますます。また、足関節には関節包の周囲を補強するようにいくつかの靱帯(じんたい)が存在します。靱帯は、強靭な線維性の組織からなり、関節を支持し、運動方向を誘導するなどの役割があります。
この様に、関節は関節包や靭帯により守られて構成されています。従って、捻挫を生じて損傷する主な組織は、靭帯と関節包です。

右足関節を外側から見た靭帯配置図
右足関節を正面から見た略図

上の図は、足関節外側の主要な靱帯と関節包を表した略図です。
外側の主要な靱帯は、外果(がいか)と呼ばれる腓骨下端のくるぶし部分から、周囲の各骨に接続しています。
内返し捻挫で最も痛めやすい靱帯は、足の外くるぶし(外果)の前面から距骨に至る前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)です。また、前脛腓靱帯(ぜんけいひじんたい)や、踵腓靱帯(しょうひじんたい)、関節包前面外側部分などの損傷も比較的多く見られます。

代表的な足の内返し捻挫の損傷部位と症状

前距腓靱帯損傷(ぜんきょひじんたいそんしょう)

足の内返し捻挫の中で最も損傷頻度の高いのが、前距腓靱帯です。この靱帯は、足関節の過剰な内反動作を抑制し、関節包を保護する関節包靭帯です。従って内反捻挫を生ずると最初にダメージを受ける組織です。
前距腓靭帯の単独損傷の場合は、比較的損傷程度の軽い捻挫であることが多く、後遺症を残すこともほとんどありません。
単独損傷の場合、痛みの出る部位は外くるぶしの前面となり、腫れはその部分を中心に出現し、腫れのために外くるぶしの骨の輪郭が不明瞭になります。歩行は多少の痛みを感じても平坦な路面ならば通常歩行が可能です。
この前距腓靱帯損傷に関節包(かんせつほう)や踵腓靱帯(しょうひじんたい)の損傷が加わると、かなり明瞭な皮下出血が出現し、腫れも足関節外側を中心に広範囲に広がります。歩行もやや困難となり、非常に苦痛です。

前距腓靭帯損傷の症状
前距腓靭帯損傷略図

前距腓靭帯及び関節包損傷の症状
前距腓靭帯及び関節包損傷略図

前距腓靭帯及び踵腓靱帯損傷の症状
前距腓靭帯及び踵腓靱帯損傷略図

二分靱帯損傷(にぶんじんたいそんしょう)と
踵骨前方突起裂離骨折(しょうこつぜんぽうとっきれつりこっせつ)

ヒールの高い靴を履いているときに内返し捻挫を起こした場合や、坂道の下りで内返し捻挫を生じた場合に多く見られるのが二分靭帯(にぶんじんたい)損傷や踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)裂離骨折(れつりこっせつ)です。

踵骨前方突起骨折及び二分靱帯損傷の症状

二分靱帯の単独損傷では、回復も順調で比較的損傷程度の軽い捻挫であることが多いのですが、二分靭帯が付着する踵骨前方突起を裂離骨折を生ずると2か月程度の治療期間を要します。
二分靭帯の単独損傷では圧痛や軽い歩行痛がありますが皮下出血も無いか、あっても僅かで症状は軽い捻挫と感じる程度です。しかし踵骨前方突起に骨折を生じていると、顕著な皮下出血と腫れが起こり歩行も痛みのために苦痛となります。


二分靭帯の位置を示す略図
踵骨前方突起裂離骨折の位置を示す略図

腓骨外果(ひこつがいか)の骨折

足の内返し捻挫を起こしたとき、腓骨外果が付着する靱帯に強く引っ張られて剥離骨折(はくりこっせつ)を起こすことがあります。
成長期で骨が完成されていない時期では、腓骨の外顆に成長軟骨が存在します。この成長軟骨部分を骨端線(こったんせん)といいます。成長軟骨部分は完成された骨よりも強度が弱いために骨折(骨端線離開)を起こしやすい部位となります。従って足関節捻挫で腓骨骨折を起こす多くは、この骨端線で骨折を生じます。一方で骨の成長が完成した成人では前距腓靱帯や踵腓靱帯の付着している辺りで、靭帯に引っ張られて骨が剥離する骨折(剥離骨折)を生じます。また、重症では腓骨外果骨折と距骨脱臼、あるいは脛骨内果骨折などを伴う足関節果部骨折を起こす場合もあります。尚、ここでは腓骨外果の単独骨折や足関節外側靭帯損傷に伴う外果剥離骨折について触れます。

腓骨外果骨折の症状

腓骨外果骨折では、骨折片がずれて骨が転位するなど損傷が著しい場合は、外果周辺が腫れて皮下出血が観察されます。しかし、骨折片の転位が無い場合や不全骨折(骨にひび割れした状態)など骨の損傷程度が軽く、靱帯の損傷を伴わないものでは症状が軽いために腓骨の骨折が見逃されることがあります。
腓骨外果骨折の特有症状は外果の骨折部に限局した圧痛です。


診断は整形外科にて行われます。一般的に骨折を生じている場合は、レントゲン撮影により診断は容易です。接骨院ではレントゲン撮影は禁じられているため、骨折や脱臼などの症例経験が豊富な柔道整復師以外は外果骨折を見逃して足関節捻挫として処置されてしまうことがあります。腫れや皮下出血が観察されるような捻挫では整形外科の診察を必ず受けることが肝心です。

腓骨外果骨折の画像と略図

第5中足骨基底部骨折
(だい5ちゅうそくこつきていぶこっせつ)

足の内返し捻挫により起こる比較的頻度の高い代表的な骨折です。この骨折は、第5中足骨の後方端である基底部と呼ばれる部位に骨折を生じます。
段差を踏み外したり傾斜のある路面で足を捻ったときに足関節の内反強制を起こすと、第5中足骨基底部に付着する短腓骨筋腱が引き伸ばされ、その腱の牽引力と第5中足骨に加わる捻転力により、捻じ切れるような感じで骨折を起こします。

足の内返し

症状は、足の甲の外側に強い腫れと皮下出血が起こり、第5中足骨の基部(最も後方よりの骨端辺り)に限局した圧痛を触知するのが特徴です。レントゲンで観察すると、骨折片の転位が無いものでは骨折線(骨のひび割れ部分)が骨の長軸に対して斜めに走行する斜骨折や螺旋骨折の状態が観察されます。骨折片の転位がある場合は骨が外方へ突出するように出っ張った様子が外観からもはっきり観察されます。


第5中足骨基底部骨折の圧痛点第5中足骨骨折の発生幾転
右第5中足国基底部骨折レントゲン画像

前脛腓靭帯損傷

前脛腓靭帯は下腿の骨格を構成する2本の長い骨である外側の腓骨と内側の脛骨を足首の部分で連結する靭帯です。この靭帯も内返し捻挫により損傷することがあります。
スキーやローラースケートなどで坂道の登り方向に足先を向けた姿勢や、しゃがんだ姿勢のとき、あるいは階段を上るときなど、足関節背屈位(つま先が上を向いてカカトで接地している状態)で内反捻挫を起こすと前脛腓靱帯の単独損傷を起こします。
また、重度の内反捻挫を生じた時には前距腓靭帯、関節包、踵腓靱帯と共に前脛腓靭帯を損傷する複合損傷を生ずることもあります。
この靭帯を痛めると図のように足首の前面下部に痛みや腫れが出現します。

前脛腓靭帯損傷の症状
遠位脛腓靭帯の略図

足の習慣性捻挫と後遺症

足の捻挫を起こした後、足の外くるぶし(外果)辺りの痛みがなかなか消えない、あるいは足の捻挫を繰り返し起こすなどの足関節捻挫の後遺症は、比較的多く見られる障害です。これらを生じる原因の一番目に挙げられるのは、十分な固定処置と固定期間となります。しっかりした固定をせずにサポーター程度、もしくはシップを貼るだけなどで放置されるケースや、決められた固定期間を我慢できずに早期に固定を外してしまうなど、安易な自己判断で後遺症などを起こすケースが目立ちます。しかし、十分な固定と固定期間をもったにもかかわらず、後遺症や習慣性捻挫を起こすケースもあります。
その原因として考えられる主な状態として損傷靭帯の修復不全、足の姿勢異常、足の深部知覚障害の3つが挙げられます。

原因1:損傷靭帯の修復不全

足関節の内反捻挫で前距腓靭帯の完全断裂、若しくはそれに近い損傷を生じた場合、靭帯の再生が完結せずに修復過程が終了してしまうことがあります。簡単に言うと切れた靭帯が離れたまま元に戻らない状態になっている場合です。
当然靭帯による支えが無くなるので関節は不安定となり、僅かな路面の傾斜や凹凸でも簡単に捻挫をしてしまう状態にあります。この様なケースでは整形外科の手術による靭帯再建・修復が必要となります。何らかの事情で手術ができない場合は、サポーターを活用して捻挫を予防しなければなりません。

原因2:足の姿勢異常

内反足やO脚、内反下腿など、足の内側に向かって弯曲したバランス異常があると、重心が足の外側にあるために内反捻挫を起こしやすくなります。このような足の姿勢異常がある場合は、靴の中にヒールウエッジと呼ばれる足底板で足の姿勢を補正したり、労働や運動中はサポーターで捻挫を予防する必要があります。

O脚・内反足の画像
内反足の画像

原因3:足の深部知覚障害

重度の足の捻挫を生じた場合、あるいは距骨と踵骨とで構成される距踵関節で内反捻挫を生じた場合に、足の深部知覚神経が豊富に存在する足根洞(そっこんどう)と呼ばれる部分の損傷や炎症が起こることがあります。この足根洞で損傷や炎症が起こり、足根洞内の深部知覚神経が圧迫されると足の感覚障害を起こします。
本来足の姿勢や歩行時の動きは足の深部知覚から送られる足の位置や足に掛かる圧力の情報により無意識に制御しています。ところが足の深部知覚が障害されると足がどのような路面に接地しているか、あるいは足の姿勢が今どのようになっているかなどの感覚が弱くなったり間違って認識されたりします。その結果、歩行時などに足の着地する状態がおかしくなり、足の内反捻挫を何度も起こす事態となってしまうことがあります。この場合は足根洞に生じた障害を改善する治療やリハビリをする必要があります。詳しくは足根洞症候群のコラムをご覧下さい。

足の習慣性捻挫の対策と予防

足の捻挫はアクシデントによるケガではありますが、繰り返し同じ捻挫を起こす人も見られることから足の捻挫を起こしやすいタイプがあることも事実です。そこで、繰り返し捻挫を起こす人はもちろん、捻挫を起こさないまでも歩行中に足がつまづいたり、軽く捻ったりすることが多い人にお勧めする足の捻挫対策を紹介します。

足のアライメント異常の補整

一般的に歩行時は足のカカトから着き始めて、最後はつま先で蹴り返します。即ち足の前後方向の重心は後方から前方へ移動します。この時に重心の左右(横)方向の移動はは足の外側(右足の場合右側)から足の内側(右足の場合左側)へ移動します。

足関節と距骨下関節の運動

足の重心の掛け方は個人によりクセがあります。また、足の骨格の先天的形状や変形などにより、自然に立っている姿勢で足の外側に重心を掛ける人と、足の内側に掛ける人がいます。本来は、ほぼニュートラルの位置が理想的なのですが、街を歩いて観察するとクセのある人の方が多いように感じます。
例えば、普段から足の外側に重心を掛けるクセのある人では、歩行時のカカトの着き始めが平均よりも大きく外側に掛かります。従って足を着いた瞬間に内反捻挫を起こす危険性が非常に高くなるわけです。

内反足の画像
外反足の画像

内反足などの足の変形・偏位がある方や、足の外側に重心を掛けるクセのある方の足を補正することで、捻挫予防に効果があります。
内反している足の場合、下図のようにカカトの外側からヒールウエッジと呼ばれる楔状の足底板やパッドを挿入することで足の姿勢を補正することができます。この方法は足の専門外来や足の施術を得意とする一部の接骨院などで行っています。また、フットケアグッズを販売している大型薬店や大型雑貨店などの一部の店舗でソルボセインを取り扱っている場合があります。その様な店舗が近隣にある場合はヒールウエッジを手に入れて、自分で靴のインソールなどに貼り着けるなどの手段もあります。
この様な足底板やパッドを入手できない場合は、ヒールウェッジが内蔵されたサポーターが販売されているので、こちらを利用することをお勧めします。ヒールウエッジ内蔵サポーターは左右用に2枚入っていますので両足を同時に装着することで足の姿勢をしっかり補整することができます。

ソルボヒールウェッジによる内反足の補正
内反足の補整方法

反復捻挫の予防用サポーター
足関節捻挫の固定用サポーター

足関節のサポーター固定

以前に足の捻挫を起こしてから足関節がグラグラするとか捻挫しやすくなったなどの症状がある方の場合は足関節や足首用のサポーターをお勧めします。
特にスポーツをする方の場合は、ヒールロック機能やテーピングベルト機能の着いたタイプのサポーターが固定力があり、安心して運動できます。
日常生活範囲のサポートでは、薬店やスポーツ店で販売しているウールや綿製のサポーターでも十分にサポート力があります。
その他に、スポーツなどの捻挫予防としてテーピングを施行するのも非常に効果があります。ただし、テーピング技術を要するのでスポーツトレーナーや接骨院などで施行してもらうか、その方法を指導してもらう必要があります。

足関節捻挫のリハビリ

足関節捻挫の場合、痛めた靭帯や軟部組織などが修復されても関節が硬くなって運動可動域が狭くなったり、足関節を動かす筋肉が萎縮して運動パフォーマンスが低下してしまいます。また、捻挫を繰り返さないように予防的な処置も必要となります。これらの対策として運動療法、いわゆるリハビリが重要となります。
足の代表的な動作には、足関節の背屈、足関節底屈、足の内返し、足の外返しがあります。

足の背屈
足の底屈

足の内返し
足の外返し

これら4つの動作の内、足の内返し捻挫に対しては特に足関節の背屈運動と外返し運動の強化を中心に行います。
足関節の内返し捻挫に対するリハビリ方法については、足根洞症候群のコラムに記載されたリハビリ方法が役に立ちます。足根洞症候群のコラム内にある運動療法などのリハビリを参照してください。


足と健康のユウキ提供・秋元接骨院院長の足と健康コラム

ユウキインフォメーション

新着情報

2020年7月の営業予定

平日:午前9時〜午後5時営業
休業日:土曜・日曜
23日木曜祝日・24日金曜祝日

フットバランス&健康コラム 2020年6月4日新着
ホーマン体操〜外反母趾体操
自宅で出来る外反母趾リハビリの代表的体操方法を掲載!
閲覧はここをクリック

フットバランス&健康コラム 2020年4月23日新着
扁平足の原因と治し方を掲載!
閲覧はここをクリック

フットバランス&健康コラム 2020年4月23日改定
外反母趾とは・原因と治し方の
内容の一部を改訂しました。
閲覧はここをクリック

セラピスト会員用カート設置

セラピスト会員向けショッピングカートを新設しました。クレジットカードのご利用が可能となります。
2019年8月28日午後よりご利用できます。
施術所の顧客向けにサポーター等の販売をご希望の施術家の方を新規募集しております。
詳しくはここをクリック!

足と健康のユウキ
特別キャンペーン

只今クレジットカード決済でご購入の方に限りお楽しみオマケアイテムプレゼント中!
ご購入商品と同梱してお送りいたします。

足の健康特集
ランナーの浮き指・外反母趾・内反小趾対策アイテム掲載中!

配送方法が選べるシステム
クレジットカードOK

弊社では配送プランを複数ご用意いたしております。全国一律360円などお得な配送方法もございます。
商品を当サイトカートシステムからご購入のお客様は、ご購入条件にマッチした配送方法をお選び下さい。
弊社サイトではクレジットカードがご利用できます。お客様のクレジットカード番号は弊社システムを経由せず、カード決済管理会社・ソフトバンクペイメントサービスに送信されるため安心です。
詳細はこちらをご覧ください。

ユウキスマートフォン版
トップページはこちら

健康靴下2足セット送料無料サービス

ショップ情報

ユウキ

〒230-0077
神奈川県横浜市鶴見区
東寺尾3-5-6
TEL.045-585-2888
FAX.045-585-2017
yuukishop@yuuki29.com
→ショップ案内