本文へスキップ

ユウキネットショップへようこそ!当サイトは足の健康に役立つ製品をメインに販売しています。

<営業時間>午前9時〜午後5時/土日祝祭日定休
ユウキ提供「フットバランス&健康コラム」Vol.7

開張足足の横幅が広がる横アーチの偏平足

コラム担当:秋元接骨院院長・柔道整復師・
フットアジャストセラピスト  秋元 英俊
画像提供元:秋元接骨院
※画像や内容の無断転用を禁じます。

開張足とは

開張足(かいちょうそく)は、足の横アーチが偏平化して足の甲(中足〜前足)が扇状に広がった状態をいいます。
医学的には足の5本の中足骨の開張角(第1中足骨の長軸と第5中足骨の長軸とで成す角度)で定義されており、正常平均値が25度、30度を超えると異常値とされています。

開張足の定義1
開張足の定義2

開張足の基準と計測

開張足は第1中足骨の長軸と第5中足骨の長軸との角度が30度以上に開いた状態をいいます。
開張足(足の横幅の広がり)を計測する場合、下図のように第1中足骨の長軸線と第5中足骨の長軸線とのなす角度をレントゲンやフットルック(足裏測定装置)、専用の角度計などを利用して計測します。
レントゲンや専用角度計による計測の正常値の平均は25度とされています。フットルックでは足の外縁で計測するため数値が異なり、フットルックのFICK角で概ね15度超を開張足としています。

開張角の計測方法
開張足の基準

開張足の症状と併発する障害

開張足の主な症状は足の横アーチの偏平化と足幅の増大です。その結果、母趾や小趾の付け根(中足骨頭)のいわゆる「くるぶし」が靴に擦れてバニオンやバニオネットと言われる炎症、あるいは足裏の胼胝や魚の目、足指のしびれや神経痛(モートン神経症など)、足指の付け根の痛み(中足骨骨頭痛)などを起こすことがあります。また、開張足ではパンプスなどの先の尖った靴を履くことで外反母趾と内反小趾を同時に発症するケースも多く見られます。

足の横アーチの偏平化
開張足による神経の圧迫

開張足により引き起こされる障害
開張足により引き起こされる障害

開張足の発症因子(原因)

浮き指、外反母趾、内反小趾、外反偏平足などに伴って発生するものと、中足骨骨折やリスフラン関節の靭帯損傷、あるいはリスフラン関節の脱臼などの外傷後に発生するものがあります。また、先天的な開張足あるいは成長期の歩行動作異常に伴う後天的変化などが原因と考えられる症例も見られます。
成長期の歩行動作異常とは、裸足で歩く、踏ん張るなどの動作不足による足指機能の発育不全と考えます。足指に力が入らず足の裏と踵だけで歩いていると、足のアーチを支持する筋肉が弱くなり、足の横幅が広がって靭帯が緩んでしまい開張足や偏平足に至ります。また、足指は飾りのようで機能せずフットルックやフットプリントで足の接地バランスを観察すると足指がほとんど写らない浮き指状態になっています。
女性の場合は出産時期に全身の靭帯が緩む現象が起こります。これは子どもを産むことにとっては大切な身体の変化ではありますが、その時に足の靭帯の緩みを原因とした開張足を発症することがあります。

開張足の治療・改善法

開張足の場合、そのほとんどが外反母趾や浮指などの原因疾患に伴い起こります。従ってその原因疾患の治療を優先することが原則です。その原則を踏まえた上で、このページでは開張足に直接効果を及ぼす改善法のみ紹介します。
尚、リスフラン関節の損傷や中足骨の脱臼、骨折などの外傷に続発して起こるものや、リウマチ、変形性関節症などの変形性疾患を原因として起こるものでは、整形外科や形成外科による手術を受けなければ治すことができません。
原因疾患や外傷がある場合は専門医の指導に従ってください。
また、成長期の足指機能の発達不足や出産期の靭帯の緩みにより起こるものでは、タオルギャザーなどのリハビリによる改善が重要となります。

1.開張足改善の原則は横アーチの支持と広がった中足の引き締め

開張足を改善する中足パッドの効果
開張足を矯正する中足骨頭圧迫法

2.横アーチを支持する中足パッドにはDSIS3軸パッドが有効

開張足を矯正ソルボDSIS3軸パッド
開張足のウォーキングサポート

上画像のソルボDSIS3軸アーチパッドは、開張足や浮き指の改善に非常に効果があります。アーチパッド単体を活用するには専門的な知識と技術が必要なのでNPO法人オーソティックスソサエティーの講習を受けた施術家や、これらの足底板を活用した治療を施行している施術所で装着していもらうことを勧めます。
自分でこのようなパッドを活用するならソルボのDSIS内蔵インソールが便利です。

3.広がった横アーチを引き締めるなら包帯療法やサポーターによる支持が有効

開張足の包帯固定
ソルボフィットバンド開張足用

上画像の様に包帯療法や専用サポーターによる固定は実績のある改善法ではありますが、日常生活では不便と思われる方は、広がった中足を引き締める機能が内蔵された簡易サポーターや機能的靴下が便利です。矯正効果はやや弱い感じはしますが手軽に着脱できる点で持続的なケアとして活用できるのが利点です。

開張足対策靴下
開張足対策サポーター

アーチを改善するタオルギャザーとつま先立ち運動

開張足のリハビリとして、足のアーチを改善する効果があるタオルギャザーとつま先立運動があります。
タオルギャザーは足指でタオルを手繰る運動で、足指を曲げる筋肉を動かします。足指を曲げる筋肉には、足の縦アーチと横アーチを支える作用のある筋肉が活動するので、開張足のリハビリとして非常に有効です。
つま先立運動では、ふくらはぎの深部にあるインナーマッスルで足の縦アーチを支える後脛骨筋と、足指を曲げる運動+足の縦アーチを支える作用のある長母趾屈筋、および長趾屈筋を動かします。この運動により足のアーチを支える力を強化する効果があります。また、つま先立ち運動では、足指と足の付け根で身体を支える姿勢となります。従って、足指で地面を捉える動作も同時に身につくメリットもあります。足指と足の付け根両方でしっかり支えると、つま先立ち姿勢でふらつくこと無く立っていられますが、足指に力が入っていないとつま先立ちをしようとしても身体がふらついて立っていられなくなります。つま先立ち運動を根気よく行うことで足の接地バランスが整う効果が得られるのでタオルギャザーと共におすすめのリハビリ運動といえます。

開張足のリハビリ・タオルギャザー
開張足のリハビリ・つま先立ち運動

ユウキインフォメーション

新着情報

2019年11月の営業予定

平日:午前9時〜午後5時営業
休業日
土曜・日曜・4日祝日

フットバランス&健康コラム 2019年10月18日新着
足外くるぶしが痛む・しびれる
足根洞症候群を掲載!
閲覧はここをクリック

セラピスト会員用カート設置

セラピスト会員向けショッピングカートを新設しました。クレジットカードのご利用が可能となります。
2019年8月28日午後よりご利用できます。
施術所の顧客向けにサポーター等の販売をご希望の施術家の方を新規募集しております。
詳しくはここをクリック!

足と健康のユウキ
特別キャンペーン

只今クレジットカード決済でご購入の方に限りお楽しみオマケアイテムプレゼント中!
ご購入商品と同梱してお送りいたします。

足の健康特集
ランナーの浮き指・外反母趾・内反小趾対策アイテム掲載中!

配送方法が選べるシステム
クレジットカードOK

弊社では配送プランを複数ご用意いたしております。全国一律360円などお得な配送方法もございます。
商品を当サイトカートシステムからご購入のお客様は、ご購入条件にマッチした配送方法をお選び下さい。
弊社サイトではクレジットカードがご利用できます。お客様のクレジットカード番号は弊社システムを経由せず、カード決済管理会社・ソフトバンクペイメントサービスに送信されるため安心です。
詳細はこちらをご覧ください。

ユウキスマートフォン版
トップページはこちら

健康靴下2足セット送料無料サービス

ショップ情報

ユウキ

〒230-0077
神奈川県横浜市鶴見区
東寺尾3-5-6
TEL.045-585-2888
FAX.045-585-2017
yuukishop@yuuki29.com
→ショップ案内