本文へスキップ

ユウキネットショップへようこそ!当サイトは足の健康に役立つ製品をメインに販売しています。

<営業時間>午前9時〜午後5時/土日祝祭日定休
ユウキ提供「フットバランス&健康コラム」Vol.10

こどものかかとの痛み踵骨骨端症・シーバー病

コラム担当:秋元接骨院院長・柔道整復師・
フットアジャストセラピスト  秋元 英俊
画像提供元:秋元接骨院
※画像や内容の無断転用を禁じます。

こどものかかとの痛み:シーバー病の概要

シーバー病(Sever's diseaes)は踵骨(しょうこつ:かかとのほね)の成長軟骨部分で起こる炎症で、7〜12歳の学童期に多く見られる障害です。特に、バスケットボールやサッカーなどのスポーツによる負担で発症や症状の悪化が起こります。この障害は、1912年にアメリカの整形外科医シーバー (Sever James Warren)によって踵骨の骨端炎(apophysitis of the os calcis)として報告され、シーバー病と名付けられました。日本ではシーバー病、踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)の何れかの病名で呼ばれています。

こどものかかとの骨の構造

学童期のかかとの骨(踵骨)は、かかとの骨本体と後端にある骨端核を含む成長軟骨で構成されています。
レントゲンで見ると、かかとの骨の後端に破片のような小さな骨、あるいはかかとの骨にひびが入っているような透明な線が見えます。この破片のような小さな骨や透明な線で隔てられた後端の骨を骨核(こつかく)あるいは骨端核(こったんかく)といいます。この骨端核の周囲にはレントゲンでは明確に写りませんが成長軟骨が存在します。
骨端核を中心に成長軟骨から骨が作られて骨端核は徐々に大きくなり、最終的にかかと骨の本体と癒合して完成に至ります。

9歳児の踵のX線画像
成人の踵のX線画像

踵骨の骨端核は成長軟骨の中に1個ないし2個程度の小さな骨核として出現します。やがてその小さな骨核が成長して大きな骨端核となります。骨端核と踵骨の間は骨端線と呼ばれる成長軟骨層で隔てられています。この成長軟骨層で骨が新生されて踵骨は徐々に大きく成長していきます。
踵骨の成長が終わると、この骨端線は消失(閉鎖)して完成した踵骨となります。
骨端核の形状は個人により様々で、例えば下の図のように1つの大きな骨核を形成するものや2つに分節した状態で存在するものがあります。

成長期のかかとの骨端核
成長期のかかとの分節化した骨端核

骨端線には血管が分布していません。骨端線の栄養は骨端核や踵骨本体から浸透圧により取り込んでいます。
骨端線に損傷を起こすと栄養供給が遮断されてしまうことがあります。その場合、その損傷個所が変性・壊死を生じて炎症を起こしてしまいます。

シーバー病の症状

症状は、踵の後方の内側や外側に圧痛があり、運動により痛みが悪化し、安静により痛みが鎮まります。
炎症が悪化すると夜間の安静時でも痛みを訴えることがあります。また、痛みを避けるために患肢をつま先立ちにした跛行が見られることもあります。

シーバー病の圧痛点
シーバー病の圧痛点

シーバー病の原因と病態

シーバー病の原因は、運動時のアキレス腱の反復・持続する張力が踵骨の骨端線部分に働いて、骨端軟骨の微細な損傷を起こし、その結果血流障害による骨端核の変性・壊死や、骨軟骨炎を生じるとされています。これが一般的に考えられているシーバー病の発生原因です。しかし、来院する患者を観察すると、外反足などの足のアライメント異常を有する子供が多いのが特徴です。また、足底板やヒールウエッジ、ヒールカップなどで足のアライメントを補正すると症状が改善されます。このことからアキレス腱の牽引力だけではなく、アライメント異常と荷重による骨端線部分の外反ねじれの剪断力や踵骨脂肪体の偏りによる衝撃緩衝性の低下、足の偏平足による衝撃緩衝性の低下や足指の屈曲力(足指で物をつかむような動作の力量)不足などの構造的負担が加わることで起こる骨端線の損傷が考えられます。
前者のようにアキレス腱の張力が起因で発症するシーバー病はジャンプやダッシュを繰り返すサッカーやバスケットボールなどの運動を活発に行うこどもに起こります。一方、後者のように外反足や偏平足などのアライメント異常を起因とする場合は活発に運動をするこどもに限らず発症することがあります。偏平足や外反足などのアライメント異常があると足指などの前足部分で蹴る力が弱いため、アキレス腱や踵に負担が掛かりやすくなり、簡単な運動でもシーバー病を発症することがあります。従って、治療法を選択する上でシーバー病を発症した要因をしっかり見極めることが大切となります。

シーバー病の原因 アキレス腱の張力
シーバー病の原因 外反足や偏平足

シーバー病の治療と予防

強い痛みがある場合は踵の下にクッションパッドや踵を包むヒールカップなどを使用して包帯固定を施行します。
また、場合によっては松葉杖などで患肢の免荷を施し、局所の安静をはかります。
痛みの程度が軽い場合は踵の姿勢をやや高くするインソールや踵を包むヒールカップを靴に装着するか、それらが内蔵されたサポーターを利用して患部をサポートします。その他では、踵を包むように施行するテーピングも効果があります。
外反足や偏平足などのアライメント異常を有する場合は、ヒールウエッジ(アライメントを補正するために靴に挿入する傾斜板で、外反足ではかかとの内側へ、内反足ではかかとの外側へ装着)やアーチパッド(足の縦アーチを支持するパッド)などを靴に装着して足の姿勢を補正します。
痛みが消失したら運動を再開しても大丈夫ですが、アライメント異常のある子供の場合は、運動用の靴に補正用の装具を装着し続けることを指導します。また、偏平足や浮き指などで足や足指の筋力低下がみられる場合はタオルギャザー(足指でタオルを手繰り寄せる運動)やカーフレイズ(つま先立ちで踵の上げ下げを行う運動)で、足指の筋力や足のアーチを支える後脛骨筋・長母指屈筋などを強化することも大切です。
再発も多い障害ですが骨端線が閉鎖する時期がくれば自然と解消し、後遺症も残さないので予後はとても良好です。

シーバー病の治療 ヒールウェッジ
シーバー病の治療 外反足の補正

シーバー病の踵補正にソルボウェッジヒールサポーター
シーバー病のサポートにかかとくんサポータータイプ

ユウキインフォメーション

新着情報

2019年11月の営業予定

平日:午前9時〜午後5時営業
休業日
土曜・日曜・4日祝日

フットバランス&健康コラム 2019年10月18日新着
足外くるぶしが痛む・しびれる
足根洞症候群を掲載!
閲覧はここをクリック

セラピスト会員用カート設置

セラピスト会員向けショッピングカートを新設しました。クレジットカードのご利用が可能となります。
2019年8月28日午後よりご利用できます。
施術所の顧客向けにサポーター等の販売をご希望の施術家の方を新規募集しております。
詳しくはここをクリック!

足と健康のユウキ
特別キャンペーン

只今クレジットカード決済でご購入の方に限りお楽しみオマケアイテムプレゼント中!
ご購入商品と同梱してお送りいたします。

足の健康特集
ランナーの浮き指・外反母趾・内反小趾対策アイテム掲載中!

配送方法が選べるシステム
クレジットカードOK

弊社では配送プランを複数ご用意いたしております。全国一律360円などお得な配送方法もございます。
商品を当サイトカートシステムからご購入のお客様は、ご購入条件にマッチした配送方法をお選び下さい。
弊社サイトではクレジットカードがご利用できます。お客様のクレジットカード番号は弊社システムを経由せず、カード決済管理会社・ソフトバンクペイメントサービスに送信されるため安心です。
詳細はこちらをご覧ください。

ユウキスマートフォン版
トップページはこちら

健康靴下2足セット送料無料サービス

ショップ情報

ユウキ

〒230-0077
神奈川県横浜市鶴見区
東寺尾3-5-6
TEL.045-585-2888
FAX.045-585-2017
yuukishop@yuuki29.com
→ショップ案内